千葉大学 情報工学コース3年次編入体験記


 千葉大受験編

 ~前日~

前日の朝学校で授業を受け、飛行機で羽田に昼過ぎにつきました。

まず、千葉大の提示版に受験の詳しいことが提示されてあると書かれていたので(受験票とともに送られてきた紙に)下見を兼ねて見に行きました。

ここでポイントだったのが私はわざとスーツケースを持っていきました。

と言うのも、スーツケースを持っていたら他の受験者に「あの人受験生かな?」と思われて、声がかけられやすいかなと思い持っていきました。

狙い通り提示版の前で鹿児島高専の子に声をかけられ、連絡先交換と下見をしながら軽く雑談を交わしました。

そこからはホテルにチェックインし、用意していたところを軽く勉強しました。

ここで先程連絡交換した彼が「去年情報工学コースを受験した彼の先輩からもらった体験記的なもの」を送ってくれました。(スーツケース持っていってよかった〜!&感謝!!)

そして、晩御飯は行きたい!と思っていた千葉駅内のつけ麺屋さんに行きました!(おすすめ!)

ホテルに帰ってきてからはもらった体験記を見ながら最後の詰めをして寝ました。

 ~当日~

当日は朝起きて、いつものようにストレッチと軽い運動をして前日に用意していた朝ご飯を食べました。ホテルをチェックアウトし、西千葉駅の前のコンビニで栄養ドリンク買って飲み(大会や試験の前のルーティン的なやつです!)下見していた受験会場に向かいました。

待合室は静かな感じで電子機器の使用以外は特に制限はなかったです。



私の年は、学校推薦10人、自己推薦4人でした。(昨年、自己推薦でかなり落ちていたから自己推薦の受験者は減ったのかな?)自己推薦は大学生が多かった気がする。

待合室で全員待たされ、3か所面接する場所があったので3人がまず呼ばれ、その後終わった部屋に順次、次の志願者が入っていく流れでした。

順番が最後の方だったら数時間待つこともあり、気疲れすると思うので、早めに出願することをお勧めします!(どの大学の受験でも基本は出願順に面接が行われるはず)

最初の受験者の面接が10時に開始し、最後の私が12時過ぎ頃に終わりました。また、14人受験者がいて、3部屋で並行して面接が行われていたので、大体30分くらい?だと思います。

1部屋に3人の面接官がいるので1対3で行われました。(私の部屋は真ん中の方がほとんど話して、たまに左の方が質問してくる感じで右の方はずっと聞いていた)



面接は以下の流れで行われました。

  1. TOEICスコア
  2. 志望理由
  3. 卒研の内容
  4. 最近(GWなどで)機械学習など動かしてみたもの(志願理由で機械学習について触れた)

  5. 数学:2*2の正方行列Aのn乗を求める問題
  6. 物理:剛体の回転、慣性モーメントの問題
  7. 物理:多分、雨の自由落下系の問題
  8. 専門:ソーティングの問題
  9. 専門:半加算器の問題

私の場合は面接2割、口頭試問8割位の時間配分で行われました。

面接は、私のことに興味があるのか?と思わされるくらい深堀もされなかったです(自己アピール文をしっかり読まれているのかも?)

口頭試問は、A4のプリントが4枚くらい裏面で置かれていて指示された順に問題を解いていく(黒板を使って)ものでした。

数学の問題は、解き終わると「その解き方だったら実数や無理数など以外の行列の時に解けないよね?」と聞かれ、正直言っている意味がよくわからなかったが、「はい」と答えました。

すると、「わからないと思うので正解しなくていいから、なぜそうなると思うか考察してみて」と言われ、(これは何かしらの自分なりの考察をさせるのが狙いか!?とか思いながら)適当に答えました。

物理ががっつり出たことは誤算でした。物理の2問目はおそらく1問目が解けなかったように用意されているのかな?って感じでした。

物理は全く答えられなかったので、「物理も意外と使うからしっかりやっておこうね」(的なことを言われた)

ソートの問題は対話形式的な感じで行われました。

面接官:知ってる中で一番早いソートアルゴリズムを教えて

私:クイックソートです

面接官:なら、それの計算量は?

私:O(nlogn)です

面接官:最悪計算量は?

私:O(n^2)です

面接官:nlognになる理由を説明して

私:(長くなるので省略)

面接官:より、早いクイックソートにするには(安定してnlognを出せる様にするには)どのような工夫が必要?

私:(省略)

みたいな感じでした。

最後の半加算器の問題は、面接官から「半加算器の問題だけど解ける?」と聞かれて「おそらく大丈夫です」的なことを言ったら、なら解けたことにしましょうと言われて終わりました)

そんなことあるんかい!!

最後に、「単位認定がうまくいかない場合、2年間で卒業できないかもしれないが大丈夫か?」、「合格した場合は千葉大に来るか?」ということを聞かれて終了しました。

正直、面接官にもよると思うが面接はかなりやりにくかった。



ここで1回まとめますね!

POINT!
  1. 前日の掲示板前で情報交換できるかも!?
  2. 出願を早めにすると待ち時間が短くて済む!
Copyright : 2019 kosen->univ site. All Rights reserved.